私の冬場の乾燥対策!!

冬場の乾燥対策

美9
冬は湿度がとても低く外気が乾燥していることが多い季節でこの乾燥がシミやしわなどの肌トラブルの原因になることも多く、男女問わず悩みのたねですが特に女性にとってはとても深刻な問題です。

 

そこで私がよく外で空いた時間に行う肌の乾燥を防ぐための簡単な美容法を説明いたします。まず両手を合わせ口の前に持っていき2〜3回深呼吸します。このとき両手に湿気が移りますのでその手で乾燥している部分を抑えます。

 

これにより冬場の乾燥した肌に潤いを与え保湿を行います。空いた時間にちょくちょくやると効果絶大で冬場でも特別な器具や保水液等を一切使用することなく簡単にスキンケアを行うことができ、乾燥肌を予防することができます。

 

また自分の吐いた息を利用しているのでアレルギーなどの心配もなく化粧水等を使用することによる肌の2次トラブルへのリスクが皆無なのでおすすめです。

 

また手の乾燥によるあかぎれなどのトラブルも予防できるので一石二鳥ではないでしょうか。冬場の乾燥はお肌にダメージを与え肌の老化を早める危険性があるのでしっかり保湿を行うように常日頃気をつけて生活しましょう。

貧乏ゆすりならぬ健康ゆすり健康法

美8
貧乏ゆすり…一般的には行儀が悪くマナー違反とされる行為ですよね。

 

でも侮るなかれ、貧乏ゆすりは身体にとてもいい運動なのです。
ある病院では貧乏ゆすりを健康ゆすりという名前に変えて推奨していたりします。

 

貧乏ゆすりを3分間行うとふくらはぎの温度が1℃上昇するそうでこれは20分間のウォーキングに相当する効果なのだそうです。
体温が上昇することで身体の血流がアップし、冷え性の予防、余分な水分を血管に流すことでむくみも改善されます。
むくみを改善して足を細くすることも可能なのです。

 

私は人前では貧乏ゆすりを行いませんが一人の時は意識的に行っています。
貧乏ゆすりはネットを見ているとき、歯磨きをしているときなど何かしながら簡単に取り入れることができます。

 

本来貧乏ゆすりはイライラしているときに出るものですよね。
貧乏ゆすりをすることでその振動が脳に伝わり精神安定の効果をもつ「セロトニン」という物質が分泌されるそうです。
貧乏ゆすりは知らず知らずのうちにストレス解消にも役立っているのですね。

 

皆さんもお家でひっそり貧乏ゆすりならぬ健康ゆすりしてみませんか?