【美人の為のマメ知識】外でもできるクイック美容術

美人と言われる女性の共通点とは…
実は、「潤いある肌」を持っている人なんです。

 

ここ何年間か毎年「憧れる女性NO・1芸能人」に輝いている綾瀬はるかさんも、
人気の理由はあの「みずみずしいお肌」ではないでしょうか?

そんな潤いのある肌を目指して、女性たちはどんな工夫をしているのでしょうか?

 

アンケート調査で今、一番多かったのは、
お家の中ではもちろんのこと、外出中でも「保湿クリームを持ち歩く」ということ。

 

肌に少しでも乾きを感じたらすぐにクリームで保湿をするように心がけている女性が
すごく多いことがわかりました。

 

さっそく試してみよう!という方は、
保湿クリーム ランキングサイトをぜひご参考にしてみて下さい!

 

好印象の作り方:口角をあげる。

美1
「人は見かけじゃない、心だ。」これまで何度となく言われてきました。でも、そうだと言い切れますか。歳を重ね、見かけも大事、心も大事だと思うこの頃です。

 

人が相手を見る時、顔を見、髪型を見、服装を身ます。顔の主要パーツの中で、もっとも印象に影響を与えているのはどこでしょう。それは口です。鏡でご自分のお顔を見てください。

 

そして、口をへの字にしてみてください。どんな印象を与えますか。不満、不平の表情になります。次に、口を閉じたまま、口角をあげて微笑んでみてください。今度は、穏やかさや優しさが感じられる表情になったと思います。最後に、普段の顔に戻してください。口角の状態はどのようになっていますか。上に上がっていますか。下に下がっていますか。

 

前者の場合は問題ないですが、後者の場合は普段から満たされていない印象を与えます。前者の状態になるために頬の筋肉を鍛えましょう。そのために、思いっきり口を左右に引いて「い」の口をしながら、頬の方に意識を向けます。これをちょっとした時に繰り返しし続けると、口角が上に向くようになります。ぜひお試しください。

常にできる美容術

常に笑顔でいる人と、常にぶすっとしている人とでは、明らかに顔のつくりが違ってきます。
もちろん、笑顔でいることの方が、他人にとっても自分にとっても見た目が全く異なりますよね。

 

それを美容術にしましょう。
いつでもできる美容術です。それは、常に口角を上げた表情を保つようにしましょう。
「こんなのいつもしていること」だと思っている方も多いかもしれませんが、実は、何かに集中している時などは、完全に口元から力が抜けていることが多いです。
ですから、常に口元に意識を持っていくことが大切です。そして、口を閉じたまま口角を上げた表情で仕ことをしたりするのです。
美2
たまに、人目がない所でさらにやって欲しいことがあります。
それは、口角を上げるだけではなく、歯磨きをする際にでも、顔全体、特に口元を大きく動かしましょう。
口元を大きく動かすことで小顔に繋がっていきますし、顔の肉が重力に負けて普通はたるんできてしまいますが、それを防ぐことができるのです。
ここに更に食べる時によく噛むという動作を入れれば、きれいな肌と輪郭をキープできます。

更新履歴